ホーム
勝つために、リバース注文を使いこなしましょう

現在はプロ、アマ含めてたくさんのトレーダーが存在します。
その中に、確かに勝てるトレーダーがいます。

多くのトレーダーが、損失をだして、退場していく中で、彼らは着実に資金を増加させていきます。
彼らとはいったい何が違うのでしょうか。

実は、彼たちもはじめから勝てたわけではありません。現在巨額の利益を出しているトレーダーのほとんどは一度は退場の経験を持っています。たった一度の負けで立ち直れないほどの損失をこうむったり、あるいはじりじりと負けこんだ過去を持っているのです。

株で勝つためには、株価の推移予測にもとづいた、売買技術が重要です。ところがこの売買技術を習得することが非常に難しいのです。

勝つトレーダーたちは、過去の経験の中で、この技術の重要さに気づき、そして実践できるようになった人たちなのです。株は技術であり、職人芸なのです。

この売買技術のなかで、一番重要で、さらに勝つために不可欠なものが『大きく負けない技術』です。
一言で言えば、早めの損切りということになります。簡単そうに聞こえます。しかし、これは大変難しく、ほとんどの人は最後まで習得はできません。立ち上がれないほどの大損をした者だけが習得できる技術なのかもしれません。

誰でも株を買う場合にはシナリオを描いています。シナリオにはたくさんのパターンがあり、売買のタイプによって違います。このシナリオの描き方は誰でもある程度の上達ができるようです。専門書を勉強し、チャートを分析するなどで、自分にあったシナリオを描くことができるようになります。そして、シナリオの通りに株価が動き、手仕舞いができたならば、もくろみ通りに利益を出せるわけです。

問題は、株価がシナリオと違った動きをした場合なのです。即座に手仕舞いができるかどうか・・ここが分かれ目になるのです。勝つトレーダーたちは例外なく身に付けている技術です。そして多くのトレーダーにはまねのできない技術でもあるのです。

リバース注文を行うことは、この技術を取得したことに匹敵します。

一般的な逆指値の売りでは、約定している銘柄にたいしてしか、注文設定ができません。一旦約定するまで設定できないのでは、完全ではありません。
マネックス証券のリバース注文では、同じ銘柄に対して、買いの注文が約定したら、そこからプラスマイナス○○円増減したら逆の売注文を自動的に実行するという注文が可能になります。確実に損切りを実行できる注文方法といえます。
そして自分にあったシナリオを研究すれば、利益を伸ばし、損失を最小限に抑えることが可能になるのです。

リバース注文は、株式売買で資金を増やしていくための第一歩と言えます。